プリントTシャツ

生地にこだわる

プリントTシャツで一番気になるのが、洗濯しても大丈夫かどうかという事でしょう。プリントが剥がれないかとかTシャツの生地についても気になるでしょう。

プリントTシャツの強さ

Tシャツのプリントで特に気になるのがその洗濯に対する耐性です、特にTシャツは夏場に身に着けることが多いので、そのために洗濯の回数はもちろん増えます。

1 耐久性

洗濯の耐性洗濯が気になる方もいるでしょうが、安心してください。衣類に関しては、もともと洗濯することを前提としているインクを用いてプリントします。過程での洗濯に対して、強い耐久性を持っています。ただし、カッティングプリントや転写シートプリントに関しては、熱で剥がれる可能性もあるので、乾燥機の使用は避けてください。また、Tシャツ以外の衣類の取り扱いでもいえることですが、プリントを長持ちさせたいと考えているのなら、Tシャツを裏返して洗濯したり、ネットに入れて弱水流で洗濯するなどの工夫を行う方がいいと思います。インクの素材の関係も洗濯の耐性に影響してくるので、無理な組合せを希望しないで、プロのアドバイスを参考にする方がいいと思います。

Tシャツのプリントのショップではさまざまな種類のTシャツを用意しています。多くのショップはTシャツの素材や厚み、また洗濯に関してなどについて詳しい説明がされているのですが、不安があるのならTシャツの実物を取り寄せてみるのもいいでしょう。大量発注で割引などがある場合も多いので、クラスTシャツなどは人数を確認して申し込みましょう。ただ、サンプルの送付に関しては、対応していないショップもあるので、ホームページに特に明記されてない場合は、問い合わせて見ましょう。

一般的に、Tシャツにプリントでは注文する際に、そのサイトにあるTシャツを購入するして、それにプリントするという事になるのですが、自分のTシャツを持ち込むこともできる場合もあります。デザインによってはルカウインクの再現が難しい場合もあるので、事前に相談してみましょう。一般的に流通しているTシャツなら問題なく引き受けてくれるでしょうが、限定品や特殊な素材の場合は、Tシャツのプリントができない場合もあります。

Tシャツのプリントの納期に関してはその都度確認した方がいいでしょう。特急印刷を対応しているショップもかなり多いですが、これは色数が少なく、枚数が少ない場合に限っていることが大半のようです。そのため、初めて注文する場合には、入稿の際に、原稿の手直しも必要になることも考えて、納期には余裕を持って注文することが大切です。一般的には1週間から10日ほどの納期を目安にすればいいと思います。

2 生地の種類

オリジナルTシャツに使われている生地は、「天竺編み」、「スムース編み」、「ヘビーウェイト」の3種類が代表的な生地です。特に「天竺編み」は種類がたくさんあります。また、TシャツはプリントTシャツも含めて、上品に着飾るものではなくて、気軽に着るものですから、運動や普段着としての着られます。また、その際、季節によっては汗をかくこともありますから、汗が蒸発しやすい速乾性のポリエステルや、汗を吸着しやすいタオル地なども使用されます。また機能性もさることながら、クラスTシャツの場合は金額も考慮しないといけません。

このような、生地の違いによってオリジナルTシャツは着心地や外観、丈夫さなどが違ってくるのです。せっかくプリントTシャツを作るなら、生地にもこだわってみるのもいいでしょう。

◇天竺編み(平編み)

Tシャツ用の生地として、もっともポピュラーな編み組織で、英語ではジャージーステッチ(Jersey Stitch)と呼ばれています。1列の針で編み目を全て同方向に引き出して、横編み機丸編み機で余れた基本組織中で一番薄く編むことができる組織です。

◇鹿の子(カノコ)

ポロシャツやTシャツなどのスポーツタイプの服に良く使われています。編み目を良く見ると、「カメ」の頭に似ているので、「カメの子」が次第に「鹿の子(カノコ)」になったそうです。

◇フライス編み(ゴム編み)

緯メリヤス編みの1種で、立て方向に表目と裏面の立てに連続した編み目が交互に並んでいる物を指します。そのため生地の裏表の区別がなく、横方向の伸縮性の大きさからゴム網とも呼ばれています。フィット感に優れる特性からレディースのいわゆるピタTやメンズのタイトフィットTシャツに用いられるほか、天竺編みのボディー(身頃)のTシャツの衿の部分にも使用されます。

◇スムース編み(両面編み)

1×1フライス編みを2つ組み合わせた両面編みの別称で、編地の表面が滑らかで、スベスベしたいることから、スムース(編み)と呼ばれています。表裏どちらの面から見ても編み目が滑らかで多少厚みのある質感と、適度に抑えられた伸縮性が特徴です。

◇ヘビーウェイト

名前の通り使われている糸が太く、厚手の重い生地を言います。重い生地と言ってもTシャツに使われる生地ですので、来ていて肩が凝ってくるなんて事はないのですが、生地が分厚いので、ヘビーウェイトのプリントTシャツは夏に着ると少し暑いと感じるでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

アルギニン サプリ
http://xazhihui.com/
全身脱毛 小倉
http://www.datsumohikaku.com/fukuoka/kokura/

Last update:2016/10/31